業務アプリ開発、ノーコード、設計のポイントを解説

業務アプリ開発をするUX設計者とデザイナー

業務アプリケーションとは

業務アプリケーションとは、特定の業務プロセスやタスクをサポートし、組織内の効率性や生産性を向上させるために開発されたアプリケーションです。業務アプリとも呼ばれます。業務アプリケーションは、データの入力や処理、情報共有、タスク管理など、業務上のニーズを満たすことが求められます。

主な業務アプリケーションとしては、ERP、CRM、SCM、BI、ワークフローがあります。ERPは、会計、購買、在庫管理、人事管理などの企業のビジネスプロセスを統合的に管理するためのアプリケーションであり、CRMは、顧客関係管理を支援するためのアプリケーションです。SCMは、サプライチェーン管理を支援するためのアプリケーションであり、BIは、ビジネスインテリジェンスを支援するためのアプリケーションです。ワークフローは、業務プロセスの自動化を支援するためのアプリケーションです。


社内ポータル・SNS「TUNAG」の3分でわかるサービス資料はこちら

業務アプリの開発

業務アプリの開発には、さまざまな言語やフレームワークが利用されます。主要な言語としては次のようなものがあります。

iOS用の業務アプリが必要なら

SwiftとObjective-Cは、iOS向けのアプリケーションの開発に使用されます。これらの言語は、iOS用のアプリケーションを作成するための主要なプログラミング言語です。iOSデバイス向けの業務アプリを開発する場合には、これらの言語を選択することが一般的です。これらの言語は、高度な機能を提供するため、iOS用のアプリケーションの開発者にとって非常に重要です。

iOS用のアプリケーションは、ビジネスや個人のニーズに応えるために使用されます。特に、iOS向けの業務アプリは、ビジネスプロセスを効率化し、生産性を高めるために必要です。そのため、SwiftとObjective-Cの両方を熟知している開発者は、iOSアプリケーションの開発において非常に有利な立場にあります。

参照:iPhoneアプリ新規開発、SwiftとObjective-Cのどちらを選ぶ? | CodeCampus

Android用の業務アプリが必要なら

Android向けの業務アプリを開発する場合、JavaやKotlinが使用されます。Android Studioという統合開発環境を使用して、Androidプラットフォームに対応したアプリケーションを作成することができます。Javaは、Androidアプリケーションの開発に広く使用されています。また、JavaScriptは主にウェブアプリケーションの開発に使用されます。ReactやAngularなどのフレームワークと組み合わせることで、AndroidとiOSに対応したクロスプラットフォームの業務アプリを開発することもできます。

参照:【はじめてのAndroidアプリ開発】 JavaとKotlinを比較 | CodeCampus

PC向けの業務アプリが必要なら

PC向けの業務アプリを開発する場合、Microsoft .NET Frameworkなどといったアプリケーション開発・実行環境を用います。Microsoft .NET FrameworkはC#やVB.NETなどの言語に対応しており、Visual Studioという統合開発環境を使用して、Windowsプラットフォームに対応したアプリケーションを開発することができます。また、開発にあたり、アプリの目的や機能に応じて、フレームワークのバージョンやライブラリの使用方法を選択することが重要です。さらに、アプリの品質やセキュリティの確保のために、テストやデバッグ、コードレビューなどの開発プロセスにも注意が必要です。

参照:.NET Frameworkとは?Windows開発に強く将来性あふれるフレームワークを解説 - Workship MAGAZINE

クラウドアプリケーションとは

クラウドアプリケーションは、クラウドコンピューティング環境で動作し、ユーザーがインターネットを介してアクセスすることができるアプリケーションです。これにより、ユーザーはインストールやローカルなサーバーの設定の必要性がなくなります。クラウドアプリケーションはスケーラビリティに優れ、リソースの柔軟な利用が可能です。

参照:クラウドアプリケーション開発とは?普及背景やメリットを解説!|ITトレンド

ノーコードで業務アプリを作成する

ノーコード開発プラットフォームを使用すると、プログラミングの知識がなくても業務アプリを作成することができます。以下にいくつかのノーコード開発プラットフォームを紹介します。

Power Appsを用いた業務アプリ作成

Power Appsは、Microsoftが提供するノーコード開発プラットフォームです。Power Appsを使用すると、ビジュアルなインターフェースとドラッグアンドドロップの操作で業務アプリを作成できます。データの入力フォームやワークフロー、レポートなどの機能を簡単に組み込むことができます。

参照:ビジネス アプリ | Microsoft Power Apps

appsheetを用いた業務アプリ作成

AppSheetは、Googleが提供するノーコード開発プラットフォームです。AppSheetを使用すると、Google SheetsやExcelなどのスプレッドシートをデータソースとして利用して、業務アプリを作成することができます。ドラッグアンドドロップのインターフェースでアプリのレイアウトやデータの関連付けを行い、容易にカスタマイズすることができます。

参照:AppSheet: コード不要のアプリ開発 | Google Cloud

Honeycodeを用いた業務アプリ作成

Amazon Honeycodeは、Amazonが提供するノーコード開発プラットフォームです。Excelのようなスプレッドシートのようなインターフェースを提供し、データの入力や処理、ワークフローの構築などを簡単に行うことができます。また、AWSのセキュリティ機能を利用して、セキュアな業務アプリケーションの開発が可能です。

参照:Amazon Honeycode のご紹介 | Amazon Web Services ブログ

Kintoneを用いた業務アプリ作成

Kintoneは、クラウド型の業務アプリケーションプラットフォームです。ビジネスプロセスの自動化やデータの集約、共有、分析を簡単に行うことができます。Kintoneは、ビジネスニーズに合わせてカスタマイズでき、ノーコード開発プラットフォームを使用して、専門的なプログラミングスキルがなくても業務アプリを作成することができます。また、セキュリティ機能にも配慮されており、企業の重要な情報を保護することができます。

参照:kintone - サイボウズの業務改善プラットフォーム
参考:ノーコードアプリとは?ローコードとの違い、注目されている背景を解説!

業務アプリ設計、デザインのポイント

業務アプリの設計とデザインにはいくつかの重要なポイントがあります。

ユーザビリティ・使い勝手

ユーザーがアプリを直感的に操作できるように設計することが重要です。ユーザーフレンドリーなインターフェースを提供し、ユーザーが目的を達成するのに最小限の手間で済むようにすることが求められます。

例えば、アプリのホーム画面には、アプリで提供される主要な機能が表示されるようにすることができます。また、アプリ内での移動を簡単にするために、画面上に常にメニューバーを表示することもできます。さらに、アプリの各機能には、説明文やチュートリアルを用意することで、ユーザーが迷わず使い始めることができます。

参考:社内アプリの事例3社や3つの注意点、作り方について解説

データの整合性

業務アプリケーションを開発する際には、データの正確性と整合性を確保することが非常に重要です。データの品質が低下すると、業務プロセスが妨げられ、結果的に企業の業績に悪影響を与える可能性があります。

データの入力や処理において、バリデーションやエラーチェックを行うことが望ましいです。これにより、データの品質が維持され、正確な情報が業務プロセスに反映されます。また、データ品質に関するレポートやダッシュボードを作成し、定期的に監視することで、問題が発生する前に対処することができます。

セキュリティ

業務アプリには機密情報が含まれる場合がありますので、セキュリティ対策には常に十分な注意が必要です。例えば、アクセス制御を実装して、権限のないユーザーが機密情報にアクセスできないようにすることが重要です。また、データ暗号化を使用して、ユーザーのパスワードや機密情報を保護することも必要です。このようなセキュリティ機能を実装することで、情報漏洩や不正アクセスからの保護が可能となります。さらに、セキュリティ対策には、定期的なアプリケーションの更新や脆弱性スキャンなども含まれます。これにより、アプリケーションのセキュリティを維持することができます。

まとめ

業務アプリの開発には、様々な主要な言語が使用されます。JavaやSwift/Objective-C、JavaScriptはその中でもよく使われています。しかし、プログラミングの知識がなくても業務アプリを作成できるように、ノーコード開発プラットフォームであるPower AppsやAppSheetも利用されることがあります。

また、設計とデザインは、業務アプリの開発において非常に重要です。ユーザビリティ、データの整合性、セキュリティなど、多くの要素に注意しながら開発を進める必要があります。また、開発中には、アプリケーションがビジネスプロセスを最適化し、生産性を向上させるようにすることが重要です。そのためには、ユーザーのニーズを理解し、それに合わせた機能を開発していきましょう。


社内ポータル・SNS「TUNAG」の3分でわかるサービス資料はこちら

業務効率化」の他の記事を見る

TUNAG お役立ち資料一覧
TUNAG お役立ち資料一覧