現場DXとは?具体的な課題やソリューションの最新事例を詳しく解説



現場DXは、フィールドワークを中心としている現場で重要性が高まってきています。フィールドワークを中心とした現場では、対面主義の背景から、人手不足による生産性の低さや、改善の必要な働き方環境などの課題があるためです。

現場DXを活用することで、これらの問題が改善され、生産性が向上し働き方改革が進みます。そんな現場DXのソリューションとして挙げられるのが、AIやドローン、クラウドカメラ、そして何よりも手軽なスマホアプリです。

本記事では、現場の課題や現場DXの最新事例などをご紹介します。

フィールドワークを中心とする現場で起きている課題

フィールドワークを中心とする現場には、以下の課題があります。

  • 人手不足
  • 働き方改革
  • 低い生産性
  • 対面主義

これらを順番に解説していきます。

人手不足

フィールドワークを中心とする現場で起きている課題としてまず挙げられるのが、人手不足です。少子高齢化が進んでいる現代日本では、労働人口は年々減ってきており、現場では人手が足りていないのが現状です。

国土交通省の「建設業の人材確保・育成に向けて(令和3年度予算案の概要)」によれば、建設業の技能者の約3分の1が55歳以上となっており、他産業と比べ高齢化が進んでいると発表されています。

働き方改革

働き方についても改善が求められています。人手不足にも繋がっている現場の労働環境。労働時間が長く休みが少ないという過酷な現状や肉体的にきつい仕事だというイメージが、現場で働く人材を遠ざけています。

この労働環境を変えるべく、国土交通省は働き方改革推進支援助成金による支援や働き方改革推進支援センターによる支援に予算を割いています。魅力的な職場環境を作り上げる努力が今後も必要です。

低い生産性

現場では生産性の低さも課題として挙がっています。業界の年齢層が高く、アナログの仕組みが多々残っているためです。アナログを否定するわけではありませんが、作業を効率的に行うためにデジタル化は必要です。作業が効率化されれば、生産性を上げられるでしょう。また、若手がいないことによる技術の継承先の無さも問題です。             

対面主義

現場は現在、対面主義が基本です。悪いことではないのですが、人手不足も問題となっている中での対面主義は労働環境を過酷なものにします。対面でなくともできる作業を考え生み出していく必要があります。

現場DXとは?

現場DXとは、現場でのデジタルトランスフォーメーションのことです。では、デジタルトランスフォーメーションとは、何なのでしょう。

IT専門調査会社のIDC Japan 株式会社では、次のように定義しています。

「将来の成長、競争力強化のために、新たなデジタル技術を活用して新たなビジネス・モデルを創出・柔軟に改変する」
出展:DXレポート〜ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開〜(サマリー)


つまり、デジタルの力で企業や産業の成長を図るということです。

現場DXの身近な例には、スマホアプリを利用したものがあります。現場のDXやコミュニケーション活性化に便利な「TUNAG」においての企業事例を以下のページにてご覧ください。
https://biz.tunag.jp/download/wp33-casestudy-manufacturing

現場DXを推進するメリット             

現場DXを推進するメリットをご紹介します。大きく分けて以下の3つです。

  • 生産性の向上
  • 働き方改革の促進
  • ナレッジの共有

それぞれ順番に解説します。             

生産性の向上             

現場DXを推進するメリットとしてまず挙げられるのが生産性の向上です。現場DXを推進することで作業を効率的に行えます。

たとえば、建設業界において注目されているのがBIMやCIMです。これはコンピュータ上で作成される構造物の3Dモデルのことです。

BIMやCIMを使うことで、構造物の詳細な状況や作業の進捗状況を把握できます。3Dモデルを確認しながら施工の打ち合わせができるため、作業効率化の実現に近づくでしょう。             

働き方改革の促進             

現場DXを推進することで、働き方改革の促進に繋げられます。

業務の効率化が進み、少ない人数で作業を行えるため、従業員はしっかり休憩や休みをとることができます。農業においては、AIの画像認識機能で事務所にいながら確認作業ができ、実際の収穫は機械が行うという流れが実現可能です。             

ナレッジの共有             

ナレッジの共有がスムーズに行える点も現場DXを推進するメリットです。

たとえば、BIMやCIMを用いれば、作業や構造物に関する情報を離れた相手と簡単に共有できます。同じものを見ながら確認できるため、誤差も出にくくなります。             

現場DXで用いられているソリューション4選             

現場DXで用いられているソリューションを4つご紹介します。

  • スマホアプリ
  • AI(人工知能)
  • ドローン
  • クラウドカメラ

それぞれ順番に解説します。             

スマホアプリ             

現場DXのソリューションとしてまず挙げられるのがスマホアプリです。スマホアプリは導入コストが低く、手軽に始められるため多くの企業で採用されています。

具体的には、TUNAGのようなサービスを用いることで、人手不足や労働環境の向上が実現しています。TUNAGに関しては以下のページで資料をゲットできます。ぜひご覧ください。
https://biz.tunag.jp/download/3minute_tunag             

AI(人工知能)             

AI(人工知能)も現場DXのソリューションとしては欠かせません。AIはロボットと違い、自ら考えて行動レベルを変えられます。実際に、建設現場では建設機械にAIを搭載し、人手不足が改善され始めています。正確かつ迅速に判断できるAIを活用することで、生産性も向上することでしょう。             

ドローン             

現場DXを進めるうえで欠かせないのがドローンです。測量や点検業務をドローンで行うことで大幅な時間短縮が可能になります。また、ドローンを使うことで鉄塔や橋梁などの高所で危険な場所なども従来より少人数で点検作業が行えるようになります。実証実験もされているので、いずれ運搬作業などでもドローンが活躍するかもしれません。             

クラウドカメラ             

クラウドカメラとは、撮影した映像をクラウド上にデータ化して保管し、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などで確認できる仕組みです。過去の映像をチェックしたり、リアルタイムで映像を確認したりできるので、オフィスにいながら作業の進捗を把握できます。複数の現場を確認するための移動時間を減らせるため、現場管理者の働き方改革にもつながるでしょう。             

まとめ             

本記事では、フィールドワークを中心としている現場の課題や、それを解決する現場DXのソリューションについて解説しました。

人手不足による様々な課題を解決できるのが、現場DXのメリットです。現場DXにはAIやドローン、クラウドカメラなど複数のソリューションがありますが、中でも比較的安価で手軽に始められるのがスマホアプリです。

TUNAGでは、そんなスマホアプリについての資料を提供しているので、ぜひ活用してください。             

社内ポータル・SNS「TUNAG」の3分でわかるサービス資料はこちら

働き方改革」の他の記事を見る

TUNAG お役立ち資料一覧
TUNAG お役立ち資料一覧